せせらぎ (俳句)

梅雨で,ぐづついた天気が続いていますね.

雨が降っていると気分も重くなりがちですが,
”もりのうた”の前に広がる山の木々は,
雨にぬれるとより鮮やかな緑になって,
晴れの日より美しい姿を見せてくれます.

 今日は,木々の緑を下を流れる
 せせらぎの俳句をふたつ掲載します.

  『 せせらぎの 流れにまかす 鮎の群れ 』

  『 せせらぎの あなたに響く 河鹿笛 』

c0055642_22412222.jpg

[PR]
by morinoutax | 2009-07-01 22:42 | 俳句
<< 葛(くず)の花,海棠(かいどう)の花 黄色の菖蒲 >>