塩辛とんぼ(俳句)

 『 指先に 塩辛とんぼ ふと休む 』

 ”もりのうた”のお店の周りを散歩していると
 坂道で塩辛とんぼが,すいすい飛んでいました.
 
 人差し指を高くかざしてみると,
 とんぼが指先にとまってくれて,
 ゆっくり歩いても,とんぼは逃げず,
 しばらくいっしょに散歩を楽しみました.
 
 少しづつ,檜原村の”もりのうた”にも,
 秋が近づいてきています.
[PR]
by morinoutax | 2005-08-25 15:30 | 俳句
<< 山栗(俳句) 新緑に包まれたカフェテラス(俳句) >>