カテゴリ:俳句( 39 )

ニガウリ


植える時期としては、一月程度遅れていますが、
”もりのうた"のテラスの下で、初めてニガウリを育てています。

日に日につるの先が伸びては、また伸び、
テラスまで届きそうなほどです。

黄色の花も咲いて、ニガウリが生るのが楽しみです。

 『 苦瓜の 網に登るや つるの先 』

c0055642_23331678.jpg

[PR]
by morinoutax | 2011-08-01 23:33 | 俳句

花とミツバチ

蒸し暑い日が続いています。

梅雨の晴れ間にテラスでお茶を飲んでいると、
テーブルに飾ったツユクサの花に
ミツバチのような虫が飛んできました。

なかなか離れようとせず、
お茶のひと時を共に過ごしました。

『 ツユクサに こ蜂も憩う カフェテラス 』


c0055642_17264267.jpg

[PR]
by morinoutax | 2011-07-09 17:27 | 俳句

窓辺の緑

"もりのうた"の店内より
キッチンの窓を見ると、

梅雨の雨に濡れた草の緑が、
しっとり息づいています。

お客様からも緑を覆うような窓の木枠で、
額縁のようねと言われたりします。

『 額縁に なりし窓辺の 緑かな 』


c0055642_2343092.jpg


ちなみにこちらは、テラス側の窓です。 
c0055642_2344796.jpg

[PR]
by morinoutax | 2011-06-15 23:07 | 俳句

しゃくなげ

少し遅れましたが、GW中に作った俳句になります。

”もりのうた”のテラスに上がる階段のそばに、
毎年、5月の連休の頃、満開になる
ピンクのしゃくなげの花があります。

今年は、開花が遅れ心配していましたが、
蕾のひとつにピンクの色が見え嬉しくなりました。

『ひとひらの しゃくなげの苞(ほう) ほころびぬ』

c0055642_1041345.jpg


今週前半には、毎年のように満開になってくれました。

c0055642_10414966.jpg

[PR]
by morinoutax | 2011-05-21 10:42 | 俳句

河口湖の桜

GW前に、河口湖方面に芝桜を見に行きましたが、
まだ、咲いてなく残念な気持ちでいると、

東京より遅い桜の開花に出会えて、
思いがけず嬉しかったです。

『湖に 映える桜と 富士の山』

富士山に雲がかかってなければ、
なお良い風景だったのですが...

c0055642_21535810.jpg

[PR]
by morinoutax | 2011-05-12 21:54 | 俳句

テラスから見える梅の木


テラスのテーブル席より、
大きな梅の木が見えますが、
うぐいすが来たり、いろいろな
鳥たちの集いの場となっています。

今日は、白黒模様が素敵な
"えなが"さんのお出まし。

『梅の枝に えなが飛びかう カフェテラス』
c0055642_23292030.jpg

[PR]
by morinoutax | 2011-02-20 23:31 | 俳句

2011 どんと焼き

 1月の話になりますが、
 今年も寒空の中、どんと焼きに参加しました。

 『 めらめらと 炎をあげし どんと焼き 』


c0055642_11194523.jpg

[PR]
by morinoutax | 2011-02-05 11:17 | 俳句

2011 お正月の凧あげ

かなり更新が滞ってしまいました。
久しぶりにアップします。

孫も幼稚園に通うようになり、
毎年、お正月に皆で凧あげをするのが、
恒例になっています。

『 青空に 凧舞い上がり 皆笑顔 』

c0055642_21494084.jpg

[PR]
by morinoutax | 2011-01-22 21:49 | 俳句

いも虫の背伸び

今日は,寒い一日でした.

先日,見つけたいも虫を題材に
俳句を作ってみました.

『 枯れ枝の いも虫動かす 秋日かな 』

しゅうめい菊の枯れ枝に必死に
つかまっている"いも虫"を発見.

動かずじっとしているようでしたが,
秋日があたり少し暖かくなってくると,
気持ちよさそうに背伸びをはじめました.

c0055642_2348585.jpg

[PR]
by morinoutax | 2009-11-22 23:49 | 俳句

つたもみじ

秋という言葉がぴったりの気候になってきましたね.

山々が黄,紅,橙で彩られる
美しい木々の紅葉のはじまりを
"もりのうた"の周りのお散歩コースで見つけました.

 『 石がきに 紅さしはじむ つたもみじ 』

c0055642_028373.jpg

[PR]
by morinoutax | 2009-10-04 00:29 | 俳句